TKCシステムの特徴|千葉県船橋市の武藤会計事務所・武藤和義税理士事務所

TKCシステムの特徴

1.会計事務所専用のシステムです

TKCシステムはTKC会員(税理士・公認会計士)のサポートの下に、中小・中堅・大企業に提供されています。そのため、関与先企業におけるシステムの運用は、高い水準で維持されています。

2.法令遵守で、「会計帳簿」と「決算書」とを作成します。

わが国の商法・税法等は企業が作成し保存すべき会計帳簿と決算書の要件を詳細に規定しています。TKCは、コンプライアンス重視の立場から、これを完全に遵守し、その改正にも迅速に対応してます。

3.消費税の(仕入税額控除に関する記帳要件)に完璧に対応しています。

平成16年度から、課税売上高が5千万を超える法人企業には、消費税の本則課税が適応されることになりました。TKCシステムは、その記帳要件(消費税法第30条)を完璧に満たしています。

4.会計事務所による毎月の「巡回監査」と「月次決算」を前提としています。

TKC会員事務所は、毎月、関与先企業を巡回監査し、会計資料と

会計記録の適法性と正確性を確保しながら、迅速に月次決算を行い、経営者に最新の経営成績と財政状態を報告しています。

5.遡って会計帳簿の改ざんができないシステムです。

TKCのシステムでは、その信頼性を守るために、過去の会計データーに対して追加・修正・削除の処理を加える事を禁止しています。これは市販の会計ソフトとの最大の相違点です。

6.会計帳簿からそのまま決算書を自動作成します。

期末には会計帳簿から決算書(貸借対照表・損益計算書・キャッシュ・フロー計算書等)が自動作成されます。従って、TKCの決算書は会計帳簿と一体化したものとなっています。

7.決算書の付表として「データ処理実績証明証」を発行しています。

決算書が会計帳簿から自動作成されたことを証明するために、「データ処理実績証明証」を発行し、その決算書の用紙の左下には特定番号を付しています。

8.中小企業用の最強の業績管理システム「FX2」と 連動します。

正しい会計帳簿と決算書の作成だけでなく、経営者のための最強の業績管理ツールとして、 TKCのパソコン会計ソフトFX2をお勧めしています。

9.法人税・消費税の申告書と電子申告に連動しています。

決算書の作成に続いて、法人税・消費税・地方税の申告書作成業務があり、さらに電子申告へとつながります。TKCのシステムは、これらの会計事務所業務を一連の行事プロセスとして統合しています。

10.過去のすべての仕訳と会計帳簿はいつでも検証加納です。

TKCでは、最高度のデーターセキュリティー体制の下で会計データーと会計帳簿のすべてをデーター・ストレージとして備蓄しており、いつでも検証可能な体制を整えています。

11.毎年「TKC経営指標」を発行しています。

毎年TKC会員のご協力により、20万社以上の決算書を基礎として「TKC経営指標」を発行し、優良企業と黒字企業の分析を行い、関与先企業の企業格付けアップ等に役立てています。

12.業種別の財務会計システムも充実しています。

一般会計システムのほか、建設事業者、学校法人、医療法人、社会福祉法人、公益法人等の業種別の会計基準に準拠した財務会計システムを提供しています。

武藤和義税理士事務所
(有)武藤会計事務所

〒273-0005
千葉県船橋市本町4-11-17
MYスペースレイ2F
ご案内図
TEL:047-423-7419
FAX:047-425-1561

↑ PAGE TOP